『世界一美しく過酷な国境越え』の“過酷”な部分

2015年4月4日続き
DSC01687_201504070658007fd.jpg
チリ・アルゼンチン国境上にあるしるし。
ここまでは普通に自転車に乗っていられたのだが,ここからがまあ大変だった。

DSC01693_20150407071003246.jpg
アルゼンチンに入ってからは,「未舗装の道」から完全に「トレッキングルート」と化した。
ここからはほぼ自転車全押し。

DSC01695_20150407071002d21.jpg

DSC01706_201504070725553bd.jpg
そして川,泥,湿地の目白押し。

DSC01696_201504070710163f0.jpg
水深50cmくらい。
頑張って靴を浸水させないように頑張って来たけれど,ここで色々なものを諦める。

DSC01697_201504070712269d4.jpg
自転車とは押す乗り物。

DSC01700.jpg
ひざまでの深さの川越えが3回あった。
見ている人は基本的に写真を撮っている。

DSC01703_201504070712392ee.jpg
全員が『オルトリーブ』の完全防水バッグを付けていたので,カバンを外さずにそのまま川に入れたのが幸い。

DSC01707_20150407072033b96.jpg
そして森を抜けたところにフィッツロイ。
一気に視界が開けたところのこの景色は感動する。
下に見えている湖がゴール。
そこからまた明日フェリーに乗る。

DSC01711_20150407072236a30.jpg
でもまだ楽はさせてくれず,こんなアトラクションまで用意してある。

DSC01710_20150407072058cfb.jpg
自分の自転車を運ぶ時よりも,他の人の自転車を運ぶのを手伝うときの方がドキドキする。

そして今度こそゴール。
湖のほとりにアルゼンチン側の出入国管理所(イミグレーション)がある。明日の朝のフェリーでこの湖を渡るので,今日はここでキャンプ。

11149075_639962536135549_860693401_n[2]
アルゼンチンに入ってからのトレッキングロードがとにかく大変だった。
僕の調べでは,僕の自転車は他の人よりもだいぶ軽いはずなんやけど,それでも色んな無理な体勢から自転車を押したり引いたり支えたり持ち上げたりするので,普段使わない筋肉使ってすごく疲れた。

DSC01716.jpg
そして無事,ここのイミグレーションでアルゼンチンの入国スタンプをもらい忘れる。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート