ホテルに泊まる楽しみ

2015年4月15日
DSC01886_201504210231348a5.jpg
チリのアウストラル街道を走っている時から,ずっと楽しみにしていたこと。
それはご飯。
田舎町では食材が不足していた上にキャンプ続きだったので,ずっとご飯が同じものの繰り返しになってしまっていた。ちゃんとした町でちゃんとした宿に泊まったときは美味しいものをたくさん食べようと思っていた。

DSC01887.jpg
さらに日本人宿というのは,その他のバックパッカーホテルと比べて調理器具などの設備がきっちりしていることが多い。

DSC01888_201504210231572af.jpg
お箸もある。

DSC01849_20150418060347ee4.jpg
肉と野菜のオーブン焼き。
具材を切って塩コショウして,あと醤油と宿にあった赤ワインビネガーをちょろっと垂らしてオーブンにぶち込むだけ。簡単に作れる割に,見た目も派手でそして美味しいので,シェア飯の際に他の旅行者をビビらすにはもってこいの料理。
現在,宿はほぼ満室なのに,僕以外の宿泊者は全員韓国人女性っていう謎展開なため,これは一人で作って一人で食べましたが。

DSC01856_20150418060351e6f.jpg
スーパーに売っていた鶏。まるごと買ったほうが安かった。
やっぱり長期旅行者たるもの鶏の解体くらいできないといけないですしね。
YouTubeでさばき方を覚えて挑戦。

DSC01859_20150418060507c31.jpg
左からもも肉,ささみ,手羽先,手羽元,むね肉。
予習すれば意外と難しくなかった。鳥ももから骨を外すのがちょっと難しかったけど。
というか,こういうのはペルーとかボリビアとか,メルカド(市場)で鶏が安く買える国でたくさんやっておくべきだった。

DSC01860_2015041821185162c.jpg
照り焼き,鶏がらでダシを取ったスープ。

DSC01881.jpg
さらに鶏肉を使ってクリームシチュー(食べ終わり)。

色んな国の旅行者と比べると,日本人が最も料理へのこだわりが強く,料理上手だ。
海外の人たちは,キッチン付きのホテルでも手の込んだ料理をするようなことはほとんどない。
ある日,泊まっていた韓国人に「みんなで一品ずつおかずを作ってシェアしないか」と誘われた。しかしその日は簡単なもので済まそうとしていたので,大した食材を持っていない。
みんなはどんなものを作るつもりなのかと聞くと,一人はパスタ,もうひとりはトンカツだと言う。
僕だけ簡単なものになってしまうことを謝りつつ,参加させてもらうことになった。
で,蓋を開けてみたら……

DSC01879_201504210231313b2.jpg
パスタは市販のソースを温めただけ。
トンカツは冷凍食品でした。
僕はさつまいもとかぼちゃをレンジでチンしたものを冷蔵庫で冷まして,タルタルソース(もちろん手作り)を和えたサラダを作ったんやけど,圧倒的に僕の作ったものが一番手が込んでいた。
聞くと,韓国では普段から家で食べるよりも外食をすることが多いらしいので,そもそもそんなに料理をする習慣がないみたいだ。
まあそんなことがありつつも,藤旅館で料理欲求を満たしていく。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート