ペンギンに会いに

2015年4月26日
民家

DSC01978_20150429032301fd9.jpg
昨日おとついとはうって変わって快晴。
ただ放射冷却のためかここ最近で一番の寒さ。

DSC01986.jpg
やっぱり日光を浴びながら走る方が元気が出る。
あったかいし。

DSC01984_20150429032306c19.jpg
右方向からの横風が強く,数百m先に見える「右カーブ」,「左カーブ」の看板が見えるたびに喜んだり,ガッカリしたりしている。

そしてお昼頃,オナイシンという場所に到着。
100kmくらい手前から何度も看板が出ていたので,どんな町なのかと思っていたら,

DSC01992_20150429032518a98.jpg
この小屋があるだけの場所でした。
見渡す限り民家などはない。

DSC01993.jpg
しかしこの小屋がかなり快適な休憩場所だった。
パタゴニアにおいて,風がしのげる場所というのは非常に貴重だ。

DSC01991_2015042903251620e.jpg
このオナイシンというのが交差点になっておりまして,ウシュアイアに向かうには左(東)方向に向かうのですが,今日は寄り道をするところがあるので,まっすぐ(南に)進みます。

昼頃から風が強まり,横風がかなり辛い。
オナイシンから未舗装になったのですが,砂利で滑って怖い。

DSC01995_20150429032712828.jpg
15km走って到着。

DSC01996_20150429032713173.jpg
ここにペンギンがいる。

DSC01994.jpg
数年前まではタダだったらしいのだが,お金が掛かるようになっていた。しかも結構高い。(12000ペソ=2400円)
あと月曜日が休みらしい。今日は日曜日なのでちょっと危なかった。

DSC02002.jpg
で,ペンギン。

DSC02018.jpg
風が強いからか知らないけれど,寝そべってるペンギンがたくさんいる。

DSC02020_20150429032843f66.jpg
あまり動かないのですが,動いていると可愛い。

DSC02007_20150429032720d0f.jpg
首がない。

DSC02008.jpg
あった。
20倍ズームで撮ってこれなので,結構遠いです。
数年前まではもっと近くから見られたらしいんですけどね。

DSC02016_201504290328474b7.jpg
まあそんな感じのところでした。
料金も高いし,そこまで近くで見られる訳ではないので,無理して来る必要はないと思います。

ペンギン
ちなみに場所はこの辺。

DSC02024_2015042903283537a.jpg
強風の中15km戻り,オナイシンの休憩小屋でテントを張らせてもらう。

DSC02025_2015042903372988f.jpg
地平線に沈む夕日を眺めながら,風に怯えることのない夜を過ごす。。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート