サイクリスト御用達のパン屋

2015年4月28日
リオグランデ

DSC02036.jpg
早朝に降った雨も準備が整った頃には止む。
しかし今日は出発せずにリオグランデで無駄に1泊してさらに翌日……。

2015年4月29日
DSC02040.jpg
気合を入れて9時出発。
いつもよりも1時間も早い出発。
朝7時過ぎに起きて準備をし出たんやけど,まだ真っ暗で空に星出てたし。

DSC02043_20150501074902e35.jpg
南米最南端の町ウシュアイアまで210km。
今日は中間地点,106km先のトルウインまで。

DSC02048_20150501074906cb2.jpg
今日は風が弱く走りやすい。

DSC02051_201505010749232e5.jpg
アンデスの高地に生息していたビクーニャみたいな動物。
1日に50頭くらい見かける。
非常に警戒心が強いので,ちょっとでも近づくと必要以上に逃げられる。

DSC02052_201505010749257d8.jpg
正午の太陽が海面からこの高さ。
ちなみに,南半球なので太陽は北の空を通る。

DSC02054_20150501074927ca6.jpg
PANADERIA(パン屋)
今日の目的の町トルウインにあるパン屋さん。
というか実はこのパン屋さんが今日の目的地。
このパン屋さんは実は自転車旅行者を無償で泊めてくれるパン屋さんなのです。
小さな町のパン屋さんなのに,27kmも手前から看板を出しているのがすごい。

DSC02057_20150501074950bdb.jpg
サイクリストの間では非常に有名なパン屋なので,ずっと行きたいと思っていた。
しかもこのトルウインの町,前後のウシュアイア,リオグランデまでちょうど100kmの場所に位置している。それぞれちょうど1日分の距離っていうところがまたうれしい。

DSC02060_201505010749529c3.jpg
町の入口にもデカデカと看板が。

DSC02062_201505010749551d6.jpg
店の外観も割と目立つのですぐに発見。

DSC02063_20150501075027505.jpg
で部屋に案内してもらった。
ベッドまで貸してくれるってすごい。

DSC02065.jpg
部屋の壁は,ここに泊まったサイクリストのメッセージで埋め尽くされている。
日本人のメッセージもちらほら。

DSC02064_2015050107502866c.jpg
日本人が描いたのか知らないけれど,上手い。

DSC02069.jpg
部屋のとなりではエンパナーダを作っているおばさん。

DSC02070_201505010750491e4.jpg
こんなにもらった。
やったね。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート