ブエノスアイレスの日々2 アルゼンチンのステーキ

2015年5月4日~
牛肉が安いくておいしいことで有名なアルゼンチン。
世界一のステーキがここブエノスアイレスで食べられるということで行ってきた。

DSC02133_20150511073229261.jpg
エル・ミラソルという店。
普段行くことのない高そうな店にちょっとビビる。

DSC02134_20150511073229b7c.jpg
見にくいけれどメニュー。
一番大きなので1000gのステーキがある。これは取り分けて何人かで食べる用みたい。
僕は700gのスペシャルビーフステーキ(360ペソ=3600円)っていうのを注文。

DSC_0446 (2)
で,で……

DSC02137_20150511073233732.jpg
……分厚い!
付け合せみたいなのも無く,少量のパンとともにひたすら肉だけを食べ続ける。
未知の700gステーキでしたが,他におかずも無かったので意外とペロッと食べられた。

DSC02136.jpg
食べてみた感じ,とりあえず世界一ではないなって思った。
もちろん美味しかったですけどね。
一応メニューにはスペシャルステーキと書かれてはいたけれど,もっと値段の高いステーキもあったので,他のステーキは世界一の可能性もある。

DSC02166_20150511233446c1f.jpg
聞いたらこのステーキは「Angosto」という名前の部位の肉らしい。スーパーでもよく見かける。アルゼンチンは肉の種類が日本よりも細かく分けられていて,ステーキ用の肉も何種類かあるのだが,「Angosto」はそんなに高い肉ではないので,やっぱり世界一は別のステーキなのかもしれない。
ちなみに他のステーキ肉は「Lomo(ヒレ肉)」,「Bife de chorizo」,「Bife ancho」,「Ojo de bife」などがある。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート