自転車旅行中の資金について

ちょっと気になるお金の話題について。
今回,北米~南米まで2年弱の旅行で掛かった金額はちょうど200万円ほどでした。
もともと1年で100万円くらいを目安に考えていたので,まあ概ね計算通りではあるのですが,できればもっと抑えたかった。

もちろん回っている国の物価でかなり違ってくるんですが,(色んな物価の国をバランス良く回ると考えて)多分,頑張って節約していたら1年で70万円くらいには抑えることが出来ると思う。基本的にテント泊で毎日2~3食自炊,贅沢品はなるべく我慢するっていう風にしていたら,多分そのくらいかそれ以下の金額で落ち着くと思います。
僕も一応そのくらいの節約を心がけていたので,1年100万円ペースっていうのはお金を無駄遣いしすぎたなという感想。

1年で100万円というと,1日に換算すると2739円。
実際の生活費は、物価の高かった北米でも1日1000~1500円くらい,中南米の物価の安い国だと500円もあれば余裕で過ごせたりする。中南米では、たまにホテルに泊まったとしてもせいぜいプラス1000円程度。普通にを生活していて1日に3000円弱も出費することなんてほとんど無い。本当にいつの間に2年の間に200万円も使ったのか不思議なくらいだ。

2年前のスタート時の貯金額が約350万円だったので,一時帰国の時にはそれが150万円くらいになっていた。一時帰国中のバイトで多少資金は潤ったものの,自転車を買い直したり装備を新調したりで,減った部分も大きい。
再出発は190万円からのスタートとなります。
アメリカ大陸編を基準にすると,2年前後で尽きる金額だ。
世界一周後半戦は,アフリカ縦断(エジプト~南アフリカ)からの,ユーラシア大陸横断(ヨーロッパ~日本)の予定。期間は2年半ほどなかと思っているので,残念ながら資金はギリギリ足りなくなるものと思われる。

ただ望みとして一応今のところドイツでワーキングホリデーのビザを取得しようと思っている。
ヨーロッパには『シェンゲン協定』という長期旅行者泣かせの決まりがあって,ヨーロッパ全体で3ヶ月しか滞在することができなくなっている。ワーキングホリデービザを取得すると,滞在期間が3ヶ月から1年間に伸びる。
ワーホリビザは滞在期間を1年に延ばすためだけに取得するつもりなので,ドイツではがっつり働くことは考えていないが,もしある程度稼げればすごく助かるし,稼げないとすごく困る事になるだろう。
英語,ドイツ語が話せなくても働き口ってあるものなんだろうか。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート