エジプトの物価とルクソール観光

2015年11月13日
カイロ~4

DSC00430_20151113222726b88.jpg
エジプトの数少ない観光地、ルクソール。
カイロを出発してあまり走っていないけれど、今日も休みにしてこの町に滞在する。
周辺にたくさん遺跡があり、遺跡観光が有名。
カイロ以降全く見なかった欧米人観光客の姿も見られる。

DSC00434_2015111322272492d.jpg
エジプトは多分これまで回った国の中では最安の物価。
アメリカ大陸で泊まったホテルの最安が確か500円やったけど、エジプトは500円以下のホテルがゴロゴロしている。

DSC00455.jpg
エジプトではこういうサンドイッチの屋台をよく見るけれど、大体1個1ポンド(約15円)と安い。

DSC00437.jpg
野菜も「本当にこの値段でいいの」ってくらい安いんやけど、なぜか果物だけが高い(日本の半額くらい?)。

DSC00439.jpg
ケーキ屋もよく見る。
クオリティは日本で食べられるケーキの最低レベルくらいの味。
ただ値段が1個、5~6ポンド(約70~90円)なので、ここがエジプトであることを考えれば十分買う価値はある。

DSC00450_20151113222852eba.jpg
エジプトもなんだかんだで終盤なので、観光していく。
遺跡観光が有名なルクソールですが、遺跡系はカイロで見たピラミッドで十分なので、今回は博物館へ。

DSC00448_20151113222853fa6.jpg
ミイラの本場と言えばエジプト。
ミイラ博物館へ。
入場料60ポンドのところユースカードを使用して30ポンド(900円→450円)。
写真は禁止なのでなし。
かなり狭くて(学校の教室4つ分くらい?)簡単に見て回れる。
人の他にワニとか魚とか動物のミイラもあった。
あとミイラ作りに使う道具とか作り方の解説みたいなんもあったけれど、英語が読めないので、その辺は理解できず。

DSC00446_20151113222838eba.jpg
博物館って解説が読めなければ価値が半減なので、普段あまり足が向かないんですよね。

DSC00452_2015111322292951a.jpg
と言いつつ、今度はルクソール博物館へはしご。
普段しないことを意識してしてみるのも、たまにはいいものですし。
入場料はユースカード使用で100ポンド→50ポンド(1500円→750円)。
せっかくカイロで作ったユースカードを使っておかないとという気持ちもある。

DSC00451_20151113222853c16.jpg
ここは割と広い。
実はここにもミイラがいたので、別にミイラ博物館には行かなくてもよかったかなと思った。
それ以外に特に感想はなし。
特に興味はそそられなかったということです。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート