『ふりだしにもどる』(前編)

2015年11月14日
DSC00458_20151122021946311.jpg
昨夜、ホテルで自転車の整備をしていた時の事……。
やけにタイヤが歪んでるなと思ったら、後輪のスポークが一本折れていました。
ピンチ。
おとつい、トラックに何回も乗せたり下したりしている時に折れたのかな。

実はまだ出発して1000kmも走ってないのに、スポーク折れるのこれで3回目なんですよね。
日本の京都~東京間で1回、エジプトに来てからこれで2回目。
新車のはずなのに、呪われてるのかもしれない。


11月15日
翌日、ルクソールの町の自転車屋で直してもらおうと思ったのだが、この町の自転車屋があまりにしょぼく、「スポーク交換してほしいんですけど……」と言っても、人差し指を左右に振るサインで追い返される。4軒くらいたずねて全滅。ルクソールには自転車屋がちょこちょこあって、頑張って探せば直せた可能性もあるけれど、これからアフリカ大陸を縦断することを考えるととても任せられない。エジプト以降、恐らく自転車屋とか皆無だろうし。


11月16日
DSC00460_20151122021949da1.jpg
というわけで、ホイールだけを持って、エジプト縦断鉄道でカイロまで帰ることにしました。
約700kmの道のりに12時間掛かった。
遅すぎる。

正直、カイロにまともな自転車屋があるかも怪しいんやけど、ルクソールよりはマシやろうってことで。
カイロ滞在中に3人くらいだけれど、ロードバイクに乗ってる人は一応見かけたし。

DSC00465_20151122022009478.jpg
アメリカ大陸走行時は、初めてスポークが折れたのが確か1万5千kmくらい走ったところだったので、アフリカはたぶん問題ないだろうと完全に油断していた。後輪のスポーク修理の際には少し大掛かりな工具が必要なので、持ってきてないんですよね。
アフリカでまともな自転車屋は限りなく少ないだろうし、結構ピンチ。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート