クズ国民ランキング更新!

2015年12月17日
エチオピア5
※今回はグチ回です。

DSC01200_20151218211510eb3.jpg
旅行者の間でよく知られている『世界三大ウザい国』というのがありまして、「インド」、「モロッコ」、「エジプト」の3カ国らしいです。インド、モロッコに関しては行ったことが無いのでわからないんですが、エジプトに関してはそんなにウザかったかな? と思うところです。

DSC01202_201512182115141a1.jpg
それよりも声を大にして言いたいのは、「なんでエチオピアが入ってないんだ」ということです。

DSC01205_20151218211640baa.jpg
これまで訪れた中で、人が一番腐ってたのはボリビアだったかなと思っているんですが、それをエチオピア人は清々しいくらいに軽く超えていきました。クズ国民ランキング、エチオピア人、暫定1位です。

DSC01209_2015121821164370b.jpg
まずエチオピアと言えば、なんと言っても子どもが石を投げてくるというのが、世界中のサイクリストの間で有名ですが、なぜエチオピア人の子どもだけ、そんなことをするのか。
最近分かったのですが、それは大人の影響なのです。
村の店先なんかでジュースを飲みながら休憩していたりすると、子どもがウジャウジャと寄ってくるんですが、店の大人はそれを追っ払います。
その追っ払う手段が「石を投げる」なんです。
中南米で、人がノラ犬を追っ払うときに用いる方法と全く同じというのが悲しい。

DSC01208_20151218211624f25.jpg
ちなみに石を投げるのは、中、遠距離攻撃としてで、近距離の場合は普通に殴ったり蹴っ飛ばしたりします。見ていて引くぐらい本気で殴ります。
エチオピアの子どもがすぐに石を投げるのはそんな大人の影響だと考えられます。

DSC01210_20151218211729bc0.jpg
そういう暴力の中で育ってきていることもあってか、「石を投げる」のほかにも、走っていて横を通り過ぎるときに「殴りかかるフリをする」、「持っているものを投げ付けるフリをする」といった、通りすがりの人間に対してするには悪質過ぎるいたずらもよく見られます。
環境が子どもを育てるんだということを、いろんな国の子どもを見ていて強く感じます。

DSC01215.jpg
物を投げるっていうのも子どもに限ったことではなくて、走っているときに大人にサトウキビの皮をぶつけられたことがありました。
あとそれ以外にムカついた出来事というと、町の路上で子どもがお菓子を売っていたのでビスケットを買おうとしたら周りに人が群がってきたのですが、買い終えた後に自転車の後ろのバッグを見ると、唾を吐きかけられていたということもあった。

DSC01214_201512182117011fc.jpg
本人は単なるいたずらのつもりなんだと思います。
でも、見知らぬ外国人に対してそうすることが、どれだけ自分たちの国の価値を下げているか気が付かないところが本当にクズだ。というかお前ら日本とかいろんな国に支援しもらって道路とか作ってもらったりしているだろうと。そういうことに頭が回らなくて浅はかな行動しかとれない。だから途上国民なんでしょう。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート