エチオピアで過ごすクリスマス

2015年12月23~25日
エチオピア10
クリスマス~年末年始をどこで過ごすかは長期海外旅行者にとってそこそこ重要な問題で、できたらどっかの町で日本人旅行者と会って、ささやかなお祝いをしたいというのが旅行者の共通の思いなんだと思う。
僕は海外で3度目の年末を過ごす訳だけれど、1年目はメキシコ北部のチワワで知り合ったメキシコ人の友達と、2年目は南米ボリビアの首都ラパスで日本人旅行者と過ごしてきた。

P1230072.jpg
そして今年は、エチオピアの首都アディスアベバで、日本人旅行者3名と落ち合うことができました。
やったね!
一番右のゆか氏とはエジプト北部の首都カイロで出会い、エジプト南部のアスワンで再会し、そしてエチオピアの首都で3回目の合流。元々、自転車旅行者と交通機関を使って移動するバックパッカーは、移動スピードが全然違うはずなのだが、なぜか自転車と同じスピードでアフリカ大陸を南下している稀有な存在。
ゆか氏のブログ→『もしも会計士が財務諸表から離れて世界一周をしたら』
左の2人はゆか氏の友達であり、僕の腕の血管を大絶賛してくれた(注射の打ちやすさ的な意味で)、カップルバックパッカー、じゅんや君、えいみちゃん。
彼らのブログ→『nonta&cantaの世界一周旅行』

DSC01348_201512251628073cc.jpg
23~25日はキッチンの使えるちょっと高めのホテルに泊まりました。
そしてクリスマスパーティ。

P1230065.jpg
僕も秘密兵器として大事に持ち運んでいた日本食グッズを惜しげもなく放出する。
まあ頂き物なんですが。

P1230054.jpg
~23日のメニュー~
チキンカレー
白湯スープ
ポテトサラダ
モッツァレラチーズとトマトのカプレーゼ
アボカドチーズ
きゃべつときゅうりの浅漬け

P1230071.jpg
~24日のメニュー~
マーボーナス
鶏のホルモン炒め
白湯スープ
ポテトサラダ
アボカドディップ

P1230079.jpg
~25日のメニュー~
鶏のから揚げ
フライドポテト
野菜の素揚げ(にんにく、ししとう、インゲン)
天ぷら(かき揚げ、さつまいも)
とりむね肉の中華辛味焼き
鶏ガラ野菜スープ
フルーツ白玉


そんな感じで、今年は食がメインのクリスマスでした。
エチオピアでは独自の暦が使われていて、その暦ではクリスマスは2週間後くらいらしく、町ではクリスマスムードはゼロ。そしてメニューを見てもクリスマス感は皆無なんですが、それでも毎日、お腹パンパンになるまでご馳走を食べまくった充実の3日間でした。天ぷらの揚げるコツも教えてもらい料理スキルをアップできたのも良かった。前に作ったかき揚げとは雲泥の差で美味かったなー。
そういえば市場に生きた鶏が売ってましたが、鶏を絞めるのはやっぱり無理ってことで鶏は普通にスーパーで買いました。ひょっとしたら、その決断を下すまでの波乱万丈のドラマが、上の3人のブログから見られるかもしれないです。予約投稿なので、確認はしてないですけど。


関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート