再び一人になる

2015年12月26日
エチオピア10
まだ日が昇らない、早朝4時半。
アディスアベバで3日間一緒に過ごした3人のバックパッカー達がバスで南下するのを見送る。
今日からまた一人。
走っているときは、まず寂しいと思うことは無いんですが、別れ際だけはやっぱり寂しい。
半分寝ぼけていたので、正直そこまで寂しさは感じていなかったんですけどね。

DSC01353_20151226224227f60.jpg
そういえば、この3日間は『Family Cozy Bed and Breakfast』というホテルに泊まっていました。
値段は若干高めなんですが、アフリカでは珍しいキッチン付きというのが魅力的。
部屋、トイレ、シャワーの質も、安宿と比べると、少なくとも値段分は良い。
そしてスタッフの対応は値段分以上に良かった。
今回は4人で同じ部屋に泊まっていたんですが、一人当たりで割ると確か一泊233ブル(約1300円)。
言ってもそこまで高いわけでもないしし、アディスで最初に泊まっていたタイトゥーホテルと比べると、間違いなくコストパフォーマンスはこっちのほうが良い。

DSC01351_20151226224225f54.jpg
昼ごろに荷物を整えて、僕も出発する。
といっても別のホテルに移るだけなんですけど。

DSC01360.jpg
途中こんなん見つけた。
アフリカ初ピアノ。

DSC01358_20151226224247548.jpg
店員さんに「……あ、あの、たくさん聴かせてくれてありがとうね(^^;)」って弾いている途中に強引に止められるまで、ゆっくり堪能する。

DSC01363_20151226224250f73.jpg
エチオピアでは人口の5%くらいが中国人って聞いたんですけど、確かに中国語で書かれた建物とか企業が非常に多い。その割にそこまで姿を見かけないのは多分中国人だけでどこかに固まって暮らしているんでしょう。自転車で町を走っていると、1分に1回は「チャイナ」とか「ニーハオ」って言われるので、できるだけエチオピア人と関わりたくないという気持ちはよくわかる。

DSC01364_201512262242520d7.jpg
アディスアベバで最初に泊まっていたタイトゥーホテルに戻ってきた。
タイトゥーホテルは値段が高いわりにイマイチって何個か前の投稿で言ってたけれど、撤回します。
何軒か聞いて回った限り、ここ(1泊199ブル=約1120円)よりも安いホテルが見つからなかった。
アディスアベバは首都だから物価が高いみたいですね。

DSC01365_20151226224253739.jpg
ツインでもシングルでも値段は変わらないみたいなんやけど、もし一緒に泊まる人がいたら一人100ブル(約560円)になるので、2人で泊まるならかなりコストパフォーマンスが良いホテルと言える。
ホテル代も高いし、もう年の瀬ですが年末中に出発すると思います。

関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート