残念なエチオピア人

2016年1月4日
エチオピア24
イルガ・チェフェという町を出発。

DSC01515_20160108130606c64.jpg
ほとんど、民家や集落が途切れない。
なので3分と人が視界から消えることがない。

DSC01527_20160108130612c97.jpg
そして首都を離れて田舎になるにつれ、より人が積極的に話しかけてくるようになる。
これが想像以上に過酷。

DSC01525.jpg
基本的にそういった声に対しては完全に無視で、顔すら向けないようにしているんですが、エチオピア人の傾向として、無視をしても執拗に声を掛け続けるんですよね。ハイテンションで。
ひたすら「ユーユーユーユーユーユーユーユー」、「ウェラアーユーゴーウェラアーユーゴーウェラアーユーゴーウェラアーユーゴー」。それが朝から晩まで休むことなくひたすら繰り返される。

DSC01520_20160108130703d7e.jpg
そしてなんといっても子どもの意地の悪さ。
からかおうとするのがこの国の子どもの基本姿勢で、例えばうじゃうじゃ集まってくる子どもに対して、こっちが日本語で「うっとしい!」と追っ払おうとすると、「ウットシイウットシイwww」ってな感じで、マネをしてすぐにおちょくってくる。

DSC01534_201601081329017de.jpg
これが悪質になってくると、通過する際に、物を投げつける、殴りかかるフリをする、汚い言葉を投げつける……となってくる。珍しいものを見て好奇心で近づいてくるのは子どもだったら普通だと思うのですが、なぜそこで嫌がらせをするのか。
エチオピアの大人は子どもに対して暴力的だということは前に書いたことがありましたが、親から愛情を受けて育っていないのかなって思います。

DSC01535_201601081329031f7.jpg
僕はそんなエチオピア人が大っっっっ嫌いだし、毎日「こいつら今すぐ地球上から消えて地獄に落ちてくれへんかな」と思っているんですが、でも実は、エチオピア人って親切な人もすごく多いんです。親切なことに定評のあるスーダン人にも引けを取らないくらいに。

DSC01530_2016010813290446d.jpg
例えば、レストランで隣の客の食べているものが気になって見ていたら、高確率で「良かったら一緒に食べる?」と誘ってくれるし、今日も店先で休憩中にアボカド醤油を食べていたら、店のおばちゃんがパンをくれた。

DSC01536_20160108132907da6.jpg
あと僕が洗濯とか洗いものとか、なんやかんや作業をしているときも、めちゃくちゃ積極的に手伝ってくれる。これだけ良くしてくれるんなら全然お金あげても良いなって思っても、そんなときに限って仕事が終わると、さっさとどっかに行ってしまう。
なぜそこではマニーをねだらない。

DSC01537_2016010813290720c.jpg
ちゃんとコミュニケーションを取るとみんなすごく親切にしてくれるのに、通りすがりのクズエチオピア人のせいで、すべて台無しに、むしろ大きくマイナスになってしまっているのが非常にもったいないと感じる。
今日はただでさえアップダウンがきつかったのに、1日中「ユーユー攻撃」を浴び続け、エチオピアに入って、肉体的にも精神的にも1番しんどい日でした。

関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート