ピアノの話

※自転車旅とは全く関係のない投稿です。

このブログ内でも何度も書いているんですが、僕はピアノが趣味です。
20歳の大学生の時、教室の片隅に置かれているピアノで、知らない人が坂本龍一の『戦場のメリークリスマス』の曲を弾いていて、「カッコイイ。僕も弾きたい」と思ったことが、ピアノを始めるきっかけでした。その当時、鍵盤楽器の経験は保育園の頃のピアニカのみで、「ド」の位置すら知らない状態だった。

学生時代はお金も無かったためピアノ教室には通わず、その大学のピアノで、独学で練習を重ねた。ピアノ教室に通えば、上手くなるまでの道のりを最短で導いてくれるのかもしれない。しかし、どうやったら上手く弾けることができるのか、自分で考え模索しながら練習するのも、回り道ながらそれはそれで楽しい。なんせ趣味ですし。

ピアノを独学で始める人は少数派なので、人からは「すごいやん」って言われることがあるけれど、実は想像以上にすごくはない。例えば、ギターを弾く人はほとんどが独学で練習していると思う。習っていなくても上手い人はたくさんいる。結局は珍しいかそうでないかの差なのでしょう。あとピアノは学問的なところがあるので、やっぱり基礎から学ばなければならないというイメージがあるのかもしれない。どちらにせよ、コンクールを目指す訳でもなく、ただ『戦メリ』が弾きたいだけの僕には大きな問題ではなかった。

僕はピアノを習っていなかったので、当然“基礎”というものができていない。
最初の2~3年くらいは基礎ができていなくても問題はなかった。ヘタクソなりに新しい曲を弾くたびに、少しずつ高度な曲が弾けるようになっていた。しかしそれくらいから成長が止まってしまい、それ以降は弾く曲の難易度がほとんど変わっていない。

難しい曲を弾くためには5本の指すべてが速く、正確に動き、狙い通りの強さで鍵盤を押すことができなくてはならない。それは基礎練習をしないと身に付かない技術なので、その練習をしていない僕には備わっていないというわけ。何度か自分の演奏を動画で撮影したことがあるけれど、やはり指の動きがぎこちなくてダサいなと感じる。初級者から次の段階へステップアップするための壁に阻まれ続けている状態と言える。(ちなみに目標にしていた『戦メリ』は2年目くらいの成長段階で無事通過)

独学で練習していてもこれ以上、上手くなることはない。
上手くなるためには基礎的な練習をしないといけない。
遠回りながら、基礎の重要性を理解した僕は、大学卒業後、社会人になってから多少お金に余裕もできたところで、ピアノ教室に通うことにした。当時仕事が忙しくピアノを弾く時間が激減していたのだが、一方で、このままでは終わりたくないという思いも強く、ピアノ教室の門を叩いたのだった。しかし結局時間が無いことには変わらず、月1~2回のレッスンを数か月続けたところで、どうせ練習する時間ないし意味ないなってことで辞めた。

一体これは何の話やねんっていう空気が広がってきたところで、今練習している曲。


10年ピアノに触っていて、さらに30回くらい取り直してこの程度ということです。


前も紹介したんですが、今僕がハマりにハマっている、Chouchou(シュシュ)の『piano01 oto』 っていうCDの中の1曲。


サンプルの動画。
きれいでおしゃれな和音に心惹かれる。


めっちゃ押すけど、こちらは『piano01 oto』 の楽譜付きCD。

関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート