2010西日本一周の旅10日目 宮崎県都城市~鹿児島県南大隈町

2010年8月4日
今日は日本本土最南端の佐多岬を目指す。
かなり険しい山に入っていかなくてはならず、おそらくこの旅でもっとも過酷な1日になるだろう。
今までにない緊張感の中、ラレーを走らせる。

9:01
293.jpg
前方の山には厚い雲が。
少し不安になる。

9:15
294.jpg
カピバラさんとカニ

10:22
297.jpg
内之浦という町に到着
おそらくこの先まともな町はないので、念のためAコープで食料を買い込む。

302.jpg
ここから本格的な山登りが始まる。
ここからが本番といいつつも、ここまで来るのも結構なアップダウンで体力を消耗してしまっている。かなり不安。

308.jpg
視界が広く海がきれい

13:39
311.jpg
大きな山を越えたところに小さな町があった。
お昼はおそばを食べることに。というか食べ物屋さんがここしかなかった。
ここからもう一度大きな山を越える。
お店の人に、ここからが大変やみたいなことを言われる。いや、すでにむちゃくちゃ大変だったんですけど。
山を登っているところで雨。
集中力が切れ、とうとう自転車を押して歩く。
かなり辛い。

ようやく下り坂に入る。下りきったところで、佐多岬のある佐多に到着。
とりあえず交番でこの町についての情報を収集。
ここで、佐多岬が17時に閉まってしまうこと(現在15時40分で、この町から佐多岬まではさらに山を越え、18キロほど南下しなくてはならない)。
頼りにしていたこの町唯一の温泉施設がすでに潰れていたこと(4、5年前に潰れたらしいのだが、なぜか毎年作り直しているはずのツーリングマップル2010にはまだこの施設が載っていた)。
今晩はこの町で野宿を考えていたのだが、このあたりは夜にサルが出るので野宿は無理。
などなど衝撃的な事実を告げられる。

とにかく一刻を争うことは確からしいので、交番でわずかに回復した身体にう再びムチを打ち、佐多岬を目指す。
最南端だけあってかなり南国の雰囲気がかもし出されている。途中何度もサルや猪が道を横切るが、それらには目もくれず、佐多岬に向かう。
死に物狂いで自転車をこぎ続け、16時半にようやく佐多岬に到着。
佐多岬が閉まるまでの30分で観光を済ませる。

320.jpg
佐多岬

328.jpg
しかしまだ終わったわけではない。佐多では野宿できないので、さらに20キロ先にある根占という町まで行かなくてはならない。
というわけで佐多岬の自販機で買ったスーパハイオクを飲み、再び佐多まで戻り、本土最南端のAコープで晩御飯を購入。

331.jpg
本土最南端

晩御飯を食べた後、すでに19時だというのに、根占へと向かう。
根占へ着いたのは20時。お風呂に入り、近くの公園にて就寝。
毎日疲れているけれど、今日は本気で疲れた。

走行距離 180.80㎞

関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート