部族に国境はない

2016年5月10日
タンザニア1
今日からタンザニア走行開始。

DSC00214.jpg
104km先のアルーシャという町が今日の目的地。

DSC00216_20160512190847855.jpg
上が雲で隠れているけれど、タンザニアに入ると正面に立派な山がある。
スマホのオフラインマップによると標高は2629m。
ちなみにアフリカ最高峰のキリマンジャロも割と近く、直線距離で80kmくらいのところにある。

DSC00218_20160512190848df5.jpg
タンザニアの子どもたち。
しっかりと追いかけてきてくれる子どもは意外と少ない。

DSC00219_2016051219084944b.jpg
スピードを落とすためのボコボコは、この先に町があるという証。

DSC00221_20160512190850c2e.jpg
休憩。
25円くらい。

DSC00222_201605121909481fc.jpg
この家で雨季を持ちこたえられるとは思えないんですが。

DSC00232_20160512190953a32.jpg
ケニアにはマサイ族がたくさんいたんですが、この人もマサイらしい。
ケニアから装飾が変わった気がする。

DSC00234_201605121910195c3.jpg
前方で雨の気配。

DSC00237.jpg
雨雲が去るまで、この穴で手持ちのピーナッツとピーナッツバターを食べて休憩。

DSC00238.jpg
一時間くらい休憩して外に出ると、さっきの部族の子たちが追いついてきた。
彼らは一体どこまで行くつもりなんだ。

DSC00239.jpg
こういう人たちに写真撮っていいかと尋ねると、1000000%金を要求してくる。この時は手持ちのピーナッツの残りをあげて撮らせてもらった。

DSC00241_2016051219140320d.jpg
「もう向こうの方雨大丈夫かな?」とジェスチャーで尋ねるんですが、残念ながら意思の疎通は図れず。

DSC00244_20160512191405531.jpg
先に進むと地面が濡れた跡。
休んでおいて正解だった。

DSC00260_201605121914382bb.jpg
立ち寄った町でごはん休憩。

DSC00259_20160512191440296.jpg
明らかに米の量が多い。
そして美味しくない。米も野菜もスープも全てが。
いくらおなかが減っていたとしても、この料理を完食できる日本人はそういないのではないかと、わざわざスープをお代わりしてまで完食した自分を誇らしく思えるくらいに美味しくない。

DSC00267_201605121915065b8.jpg
夕方、無事目的のアルーシャに到着。

DSC00268_20160512191510644.jpg
『SHIROBAKO』って書いてあるんかとおもった。



DSC00290_20160512191511408.jpg
そしてホテルの部屋が激せま。

関連記事

2016年05月 16日05:37 タンザニア

世界のこんなところに日本人PageTopタンザニア入国

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート