アフリカの旅とはwifi探しの旅

2016年5月24~27日
タンザニア11
時代が変わり、スマホやパソコンなどの通信機器が必需品となった現代のバックパック旅行。
そんな現代のバックパッカーにとって、途上国の大都市での最大の課題は『良いwifiを探すこと』。
現代のバックパッカーは、快適な大都会でのんびり動画を観たり、ネットサーフィンしたり、溜まったブログの更新をするのに忙しく、快適サクサクwifiを見つけることが必須なのです。
しかしアフリカに限らず途上国のwifiは基本的にしょぼく、また機械にも関わらずなぜか“調子”というものに左右される駄々っ子。
「今日wifiどう?」
「あ~今日ちょっと調子悪いかな~」
みたいな会話を他の旅行者と自然にできるようになればアフリカに染まってきているという証拠。

ちなみに泊まっているホテル『YWCA』にはwifiはあるけれど、今は使えないとのこと。いろんな人のブログを見てもこのホテルのwifiについては大体同じことが書かれているので、たぶん使えないままずっと放置されているんでしょう。

DSC00709_20160524211637e9c.jpg
wifiを求めて遠くの『Mlimani City Mall』(地図)まで来てみた。

DSC00748_2016052613375466e.jpg
ケンタッキー
激遅でした。

DSC00736_20160525163238509.jpg
『Mokka city』(地図)
今度は近くのカフェに行ってみた。

DSC00733_20160525162943a09.jpg
使う人が少ない朝一はwifiが速いことが多いのでわざわざ朝6時半に来るも激遅。

DSC00755_20160526133757f2c.jpg
『Viva Towers』(地図)
ここも徒歩圏内、中心地近くのちょっとしたモール。
僕の探した中では、ここの1階に入っているバー兼カフェが最速でした。
というか桁違いに速かった。Youtubeも問題なく見れるレベル。
ダルエスサラームには雰囲気の良いカフェ、レストランが多く、また高そうなカフェでもコーヒー1杯200円程度なので、良いwifiを求めて散策するのも楽しい。

DSC00747_201605261337531f9.jpg
また最近の旅行者のトレンドとして現地でsimカードを購入し、ネット接続するという方法がある。
実はモシの町で日本人の方に手伝っていただきsimカードをゲットしたのですが、どうもネットスピードが遅く、ダルエスサラームに来た日、一緒に走ったサイクリストに相談し、別の会社のsimカードを購入するのを手伝ってもらったのです。

DSC00738_20160525163800e62.jpg
どこの会社が良いん? と聞いて教えてもらった『Vodacom』という会社のsimカード。
流れとしてはまず『simカード』そのものを買う。2000シリング(約100円)。購入の際には身分証明書が必要。
そして各料金プランに入る。
プランは期間(1日、1週間、1か月の3種類)とギガ数を組み合わせて、リストの中から選択する。
僕は1週間で10GBまで使えるプランに入りました。そのプランで10000シリング(約500円)。
実際に利用するには設定が必要なんですが、店員さんにお願いすればやってくれる。

無題
そしてスマホの『デザリング』という機能を使うと、スマホ自体がwifi電波を発するルーター代わりになり、手持ちのパソコン、タブレットでもネット接続が可能となる。
この『Vodacom』という会社のネットスピードは、日中は遅くなるけれど、朝晩は割と快適で、動画も一応見れる程度のスピード。

関連記事

2016年06月 01日05:22 タンザニア

ダルエスサラームで食べたものたちPageTopダルエスサラームぶらり歩き

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート