ザンビアに向けて

2016年5月28日
タンザニア20
旧首都ダルエスサラームを出発。
次はザンビアという、またよくわからない国を目指します。
国境のトゥンドゥマまでは930kmくらい。

DSC00770_20160601172945819.jpg
実はアフリカのゴール、南アフリカからの出国の航空券が2か月半後に迫っています。
ここからの距離は約6000km。
2か月半で6000kmっていうのは結構頑張らないといけない距離。
果たしてちゃんと間に合うのか?!

DSC00774_20160601172946c34.jpg
ダルエスサラームの町には最近できたっぽい路線バスみたいなのが走ってる。
その割に同じ通りをミニバスがうじゃうじゃ走って渋滞を起こしている。
ミニバス減らせないんでしょうかね?

DSC00778_20160601172948fe3.jpg
旧首都から出るためのメインの幹線道路にもかかわらず、中心地から15kmほど走っただけで片側一車線になる。トラックはバンバン通るし、非常に交通量が多いので当然渋滞。タンザニアの国土交通省は大丈夫なのか。

DSC00779_20160601173019a94.jpg
タンザニアは今すごい勢いで人口が増えているらしいんですが、現在でこれですから、今後ますます交通渋滞で頭を悩ませることになるんでしょう。

DSC00781_201606011730189c1.jpg
お昼休憩した集落。
特に途上国の大都市では例外なく凄まじい交通渋滞が起こっている。
そういう都市を見ていると、東京っていう町がいかに奇跡的かということがよくわかる。
と言いつつ東京の渋滞がどれほどのものかよく知らないんですけど、あの管理されつくした鉄道網とかはやっぱり凄まじいと思う。これまで通った人口密度の高い都市は途上国ばかりなので、先進国の人口密度の高い都市と東京の比較もしてみたいところですね。

DSC00780.jpg
日本だと将棋の駒で遊んだりするやつで、駒を動かしていって相手の駒を飛び越したらその駒を取っていき、相手の駒を減らしていく遊び。あとこれは斜めにしか駒を動かせない。

DSC00784_20160601173018b6c.jpg
チャリンゼという大きな町の入り口で長めの休憩を取る。
ちょっとだけ頭が痛い。軽い熱中症かも。
靴下も脱いでサンダルになる。リラックスモード。
この町で終わっても良かったんですが、まだ時間は早いのでもうちょっと先まで行きます。

DSC00787_20160601173630a27.jpg
焼き鳥ならぬ焼牛?
一本5円。

DSC00791_20160601173628502.jpg
小一時間走って終了。
めちゃくちゃきつい上りがあったわけではないんですが、なぜか太ももがパンパン。

DSC00790_20160601173626c8f.jpg
とにかく真っ先にご飯。米が大量に食べられるのがうれしい。
1500シリング(約75円)。
ダルエスサラームを出てだいぶ物価が下がった。

DSC00795_2016060117364599f.jpg
この村唯一のホテル。
かなり小さな村なんですが、思いの外しっかりした建物だった。
高かったら嫌やなと値段を聞くと…

DSC00794.jpg
シングルルームで7000シリング(約350円)でした。
安すぎる。ダルエスサラームに泊まっていたところはドミトリー(相部屋)で15000シリング(約750円)でしたし。いきなり物価の差を感じる。

関連記事

2016年06月 05日05:17 タンザニア

ご飯をたくさん食べるPageTop日本にコーヒー豆を送ろう!(送れるとは言っていない)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート