今更ですが途上国の姿にショックを受ける

2016年6月3日
タンザニア27
ザンビアが近づいてきました。
国境の町「トゥンドゥマ」にはあと3日で到着予定。

DSC00981_201606042013586e4.jpg
マカンバコを出発。

DSC00982_201606042013581d7.jpg
久しぶりに景色が開けた。
ずっと続く緩い下りと追い風に身を任せる。

DSC00983_20160604201400115.jpg
ただ結構長い区間で車線を広げる工事が行われていて、思ったよりもペースが上がらなかった。

DSC00985_20160604201401cb7.jpg
標高はマカンバコの1700mから1100m台まで下る。
そこまで下ったら標高1200m前後を行ったり来たりって感じ。

DSC00988_20160604201516944.jpg
で、100km弱走ってチマラっていう今日の目的地。
昨夜泊まったホテルを教えてくれたメル友サイクリストにチマラの快適ホテル情報も教えてもらっていたのです。ちなみにゴールの南アフリカまでの膨大な量のホテル情報もすでにもらってます。

DSC00991_201606042015185b3.jpg
今日のお宿はここ。
リビングストンゲストハウス。
すごいきれい。
しかし満室で泊まれず……。

DSC00990_20160604201517b63.jpg
しかも値段を聞いたら1泊10000シリング(約500円)とのこと。
この綺麗さでこの値段はすごい。
泊まりたかった……。
やる気を出すために少し休憩させてもらう。

DSC00995_20160604201712f9e.jpg
やる気が出たところで再出発。

DSC00994_201606042017121a0.jpg
あぁ、あの建物絶好の野宿ポイント……と思いつつ、もうちょっと進みたいのでスルー。

DSC00998_2016060420171475c.jpg
なかなか人の生活エリアが途切れない。

DSC00999_20160604201714593.jpg
思ったよりも遅くまで走ることになったけれど、無事テントを張らせてもらえる場所が見つかる。

その後、寝る準備を済まし、テントの中でマンガを読んでくつろいでいたところで晩ご飯に誘ってもらいました。もう僕は手前の村でご飯を済ました後だったんですが、せっかくなので少し頂くことにしました。

電気が無いので懐中電灯で照らされた部屋。
ウガリ(粉を練って固めたもの)、トマトで煮た得体のしれないナマズのような小さな魚が旦那さんと奥さんで1匹ずつ、あとちょろっと野菜が並んでいる。
思わず泣きそうになるくらい貧しい食事風景に、いたたまれなくなりました。
もうアフリカを数ヶ月旅しているので、もちろん想像の範囲内の風景ではあったんですが、想像と、実際に一緒に食事をするのとではそのインパクトがまるで違い、とても悲しい気持ちになりました。

アフリカでは日本人のJICA隊員(青年海外協力隊)の姿をたまに見かけますが、僕にはとてもできないと改めて思いました。途上国で生活するのももちろん辛いですが、この人たちと共に暮らし、生活している姿を見続けるのが耐えられないと思う。

関連記事

2016年06月 11日05:27 タンザニア

思ったよりもアップダウンが多いPageTopお米を食べよう

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート