肉と米で体力の回復を図る

2016年6月15日
ザンビア10
昨日、ザンビアの首都ルサカに到着しました。
もう明日には出発してしまうので、自転車の整備とかどうでもいいことはちゃちゃっと済まし、できるだけ都会を満喫する。

DSC01257_20160615173435caf.jpg
『レビージャンクション・ショッピングモール』(地図)
都会の楽しみ、ショッピングモール。
泊まっているカルルバックパッカーズからは1kmちょいくらいなので、徒歩圏内。

DSC01258_2016061517343313a.jpg
タンザニアの旧首都、ダルエスサラームとは比べ物にならないくらい、きれいで洗練されている。

DSC01259_20160615173444119.jpg
高級スーパーにアジアンコーナーがあった。
これまでの東アフリカではこういうの全く見なかった。
醤油、みりん、わさび、マヨネーズ、パン粉などいろいろある。
もちろん価格は高め。
確かキッコーマンの醤油(600ml)で100クワチャ(約1000円)とかそのくらい。
スシライス500gで30クワチャ(約300円)は買っても良かったかなって思った。

DSC01274_20160616022752eca.jpg
『マンダヒル・ショッピングモール』(地図)
少し離れたところのショッピングモール。
ここは徒歩だとちょっと遠いけれど、広かった。

DSC01271_201606160227521c5.jpg
ピアノが置いてあってびっくり。
日本ぶりのピアノを弾かせてもらう。
特に感想はなし。

DSC01261_201606151735215e2.jpg
大きなスーパー。

DSC01260_20160615173521fb3.jpg
近代的な大型スーパーを物色しているだけで、体中に生気が満ちていくのがわかる。
肉と米を買ってホテルに戻る。

DSC01270_20160616022748fb1.jpg
キッチン付きのホテルっていうのも久々。
ザンビアのレストランにはシマ(トウモロコシの粉を練ったもの)しか置いていないので、ルサカではひたすら肉と米を食べる。

DSC01264_2016061517351738c.jpg
骨付きリブを中国製醤油とはちみつでシンプルに煮る。

DSC01267_20160615173529de1.jpg
真っ黒だけれど、ものすごくおいしい。

DSC01277_20160616022853f0c.jpg
極厚。
リブアイって部位のステーキ。

DSC01280_201606160228544ce.jpg
立て続けにラム肉のステーキ。
あまりラム肉の臭みみたいなのが無くて、牛肉に近い感じ。
こっちの方が美味しかったかも。

関連記事

2016年06月 24日05:33 ザンビア

次はザンビア屈指の観光地を目指すPageTop現代に戻ってきた

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート