肉が安い ウィントフック4

2016年7月9日
ナミビア6
首都なので大型スーパーがたくさんあり、いろいろ見て回るのが楽しい。

DSC01735_201607100332111f9.jpg
肉売り場。
売っている肉は主に牛、豚、鶏、羊(ラム・マトン)。
価格帯はだいたい1kg60~100ナミビアドル(約420~700円)。
肉の種類で比べると、ラム>豚=マトン>牛=鶏という感じで値段が変わってくる。
意外と牛肉が安い。

DSC01744_20160711015313787.jpg
色んな部位があって、全部食べてみたいんですが、試せるのはせいぜい1日1種類なので、いつも何を買うか悩む。

DSC01746_20160711015302825.jpg
とりあえずステーキ。
400gの特大ステーキが250円くらい。
酪農大国のアルゼンチンでも大体ステーキ肉は100g=100円くらいだったと思うので、かなり安い。

DSC01748_20160712001809785.jpg
牛レバー。
300gで100円くらい。

DSC01755_20160712001827489.jpg
レバー丼。
独特の臭みと触感があまりなく、非常に美味しい。

DSC01737_2016071003271708b.jpg
どこかのホルモン。
何となく醤油で甘辛く煮たらおいしそうだなと思って購入。
これは250gで5ナミビアドル(約35円)と激安。
帰ってから名前を調べてみると「肺」でした。

DSC01739_20160710034710157.jpg
完成。
にんにく、生姜、醤油、砂糖で煮たもの。
こういう時に料理酒が必要なんだなという感じの味でした。
独特の臭みみたいなのが残っている。
でも値段を考えると大満足。

DSC01750_20160712001811784.jpg
牛乳。
普段から朝ごはんのオートミールに使うために牛乳を常備しているんですが、こっちの牛乳は常温で放置しているとすぐにヨーグルト(チーズ?)になる。

DSC01751_201607120018122a8.jpg
調べてみると、日本の牛乳は高温での殺菌処理が行われるんですが、海外では低温殺菌をする国があり、その場合、乳酸菌が生き残っているからにヨーグルトになりやすいらしいです。ヨーグルトで作るとオートミールが酸っぱくなるんですが、身体に良いかなと思って、気にせず食べている。

DSC01715_20160710032104476.jpg
中国食品店があるって話を聞いて行ってみた(地図)

DSC01716_20160710032115c84.jpg
上の地図のところにチェッカーズっていうスーパーがあり、そこがちょっとしたモールになっているんですが、そこの2階に入っています。

DSC01759_20160712030837baa.jpg
ここでジャポニカ米2kg(55ナミビアドル=約385円)、中国製キッコーマンの醤油500ml(58ナミビアドル=約400円)、お箸(10ナミビアドル=約70円)を購入。
米が安いなと思った。醤油は買ってから、やっぱりいらんかったかなっていう気がしてきた。
他にはキムチなど漬物、乾物、うどん、そば、お菓子など、店は狭いが色々売っている。

関連記事

2016年07月 22日05:41 ナミビア

ウィントフックのアウトドアショップ・自転車屋情報 ウィントフック滞在5PageTop町をぶらり歩く ウィントフック3

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート