贅沢キャンプ2

2016年7月19日
ナミビア11
ウィントフックから約140km地点。

DSC01945_201607261958165c2.jpg
良いキャンプ地でした。
もうすでに今夜どんなところでキャンプできるのかが楽しみ。

DSC01946.jpg
出発。
アップダウンの多いうねうね道を行く。

DSC01951_201607262000177b9.jpg
しばらくすると景色が開ける。
アップダウンは落ち着くが、路面状況があまり良くないので、ペースは上がらない。

DSC01955_20160726200020607.jpg
景色が良いのでまあのんびり進めばいいかという気になる。

DSC01957_201607262000207d8.jpg
C26っていう道を走ってます。

DSC01962_201607262000214d4.jpg
平らな山。

DSC01965_2016072620004266f.jpg
ここでT字路にぶつかる。
左へ。

DSC01967_20160726200043972.jpg
C14って道になり、交通量は増えたけれど、路面は多少走りやすくなった。

DSC01968_201607262000457a9.jpg
そして旅行中のアルゼンチン人の一家に声を掛けられ、オレンジとレモンを頂く。
補給のしにくい地域での果物はうれしい。

DSC01976_20160726200046d82.jpg
この辺も素晴らしい景色でした。

DSC01978_201607262000488f7.jpg
急に谷が現れたんですが、多分雨季には川になるんでしょう。

DSC01988.jpg
しばらく下って川の底。
谷の深さからして、結構な水量の川な気がするんですが、橋がやけに低かった。
この高さで川に浸からないのかな。

DSC01987.jpg
枯れた川に降りることができたので、時間は早いけれど、ここでキャンプにする。

DSC01992_20160726200144909.jpg
自転車のタイヤらしき跡。
別のサイクリストも最近ここでキャンプしたのかもしれない。

DSC01995_20160726200148764.jpg
今日も良いキャンプ地に巡り会えました。
うれしい。

DSC02009_201607262001482e4.jpg
テントに緑のフライシートっていうものを被せていますが、基本的に雨の日しか被せないもので、これは撮影のため。

DSC02011_20160726200217ed4.jpg
朝の準備を少なくするためにも、撮り終わったら外します。
早めに切り上げるとこういうことをする余裕も出てくる。

DSC02018_20160726200219e91.jpg
周りに全く人がいなくて、全く音のしない中、ボーっとする時間がすごく贅沢。
そういえば2日連続でお金を使わないのって、かなり珍しい気がする。明日はウィントフック出発4日目にして、初めてお金を使えるところを通過する。
今から楽しみ。

関連記事

2016年08月 01日05:07 ナミビア

久しぶりに外国人旅行者とたくさん喋るPageTop贅沢キャンプ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート