ふたたび過疎地帯

2016年7月23日
ナミビア14

DSC02178.jpg
セスリムのキャンプ場。
仲良くなった南アフリカから旅行中のご夫婦のキャンプスペースにテントを張らせてもらっていました。お礼を言って出発。

DSC02179.jpg
今日からナミビア南部の未舗装路走行が再開するわけですが、ちょっと問題がある。

DSC02181_20160731173214ab9.jpg
ナミビアでは最大で3か月までの滞在が可能なんですが、実際に3か月以内でどれだけ滞在するかは自己申告で決まるらしい。

DSC02182_20160731173217510.jpg
というのも、ナミビア入国の際イミグレーションで滞在日数を聞かれたんですが、僕は適当に「多分1か月くらいだと思う」と答えました。
これで僕の滞在期間は1か月になってしまったのです。
まさかこの返事で出国期限が決められるとは思わなかった。予定の曖昧な旅行をしている者にとっては厳しいシステムである。

DSC02183 (2)
僕は7月2日に入国したので、出国の期限は8月1日。
今日を含めてあと10日。
南アフリカの国境までは700km前後。
1日平均70km。
未舗装路であることを考えてもまあなんとか行けそうな距離ではある。
ただできることなら途中でトレッキングを挟みたいとも考えているんですよね。トレッキングのための時間は捻出できるのか。

DSC02183_201607311732192db.jpg
時々、何もないところにぽつんとロッジがある。
ゲートから建物が遠すぎて見えない。
建物は山の裏にあるっぽい。
こういう感じのロッジが多い。

DSC02189 (2)
スプリングボックという動物。
2本の長く真っすぐに伸びた角がカッコいい。

DSC02200_201607311732502c3.jpg
標識に出てくるくらい毎日見かけます。
知らずに初めて見た時は、真っすぐに伸びた角がかっこよすぎて幻の聖獣か何かかなと思っていたんですが、実は全く珍しくはなく、また食べることもできてウィントフックのスーパーにスプリングボックの肉が売っているとか。

DSC02212_20160731173251d01.jpg
すごいところに家。


休憩中、気晴らしに動画を撮る。

DSC02215_201607311732539f2.jpg
夕方。
今日は2回ハエが口の中に入ってきて、つばと一緒に吐き出すということがあった。
頬っぺたに止まるのまでは許すし、口と鼻に入ってくるのだけはやめてほしいんですが、どうすれば聞き入れてもらえるのか。

DSC02220_20160731173255428.jpg
キャンプ。
今日はずっと砂が深く走りづらかった。
首都ウィントフック以降、未舗装路エリアに入って一番しんどかった日かも。


関連記事

2016年08月 05日05:56 ナミビア

深い砂に苦しむPageTopナミブ砂漠観光

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート