深い砂に苦しむ2

2016年7月25日
ナミビア16
ベタから25km地点。

DSC02241_20160731173610310.jpg
標高が上がっているっぽくて朝晩が寒い。
多分5度以下くらい。

DSC02243_20160731173614bbf.jpg
とんでもないダートから始まる。
ひたすら押す。

DSC02244.jpg
昨日くらいから自転車のタイヤらしき跡を追っている。ここを自転車で走っている人はかなり限られると思うので、ひょっとするとウィントフックで会ったサイクリストかも。大変な道を走っていると、こういう跡すら励みになる。

DSC02246_20160731173617fa1.jpg
山を越えて砂の深いゾーンもひと段落着く。

DSC02247_20160731173617515.jpg
下って、しばらく平坦で、また前方に山。
2時間くらい漕いで、はるか遠くの前方に見える山まで。

DSC02249_20160731173702abb.jpg
到着。
ここからの峠越えが思ったよりも長かった。

DSC02253.jpg
「さすがにもうこの上りを越えたら下りやろ」っていう期待を10回くらい裏切られ、ようやくてっぺん辺りまで。
その後は緩やかなアップダウン。

DSC02254_20160731173705250.jpg
「C13」にぶつかるT字路。
最初の予定では右折してアウス方面に行くつもりだったんですが、予定を変更し左折。
4kmくらいでヘルメリングハウセンって村に着く。

DSC02256_20160731173707cc5.jpg
村に入るところのT字路っぽいところからアスファルトが出現。もうこれにはテンションめっちゃ上がった。

DSC02258_20160731173708ca6.jpg
ミニスーパーとロッジ兼レストランがあるだけの、のどかな村。

DSC02260_201607311740577b1.jpg
やけに人懐っこいスプリングボックがいた。
角が曲がっているので、ひょっとしたら別の動物かも。

DSC02262.jpg
そして村の出口からまた未舗装路。
変な期待をさせないでほしい。

DSC02264_2016073117410131f.jpg
そこから小一時間走って終了。

関連記事

2016年08月 07日05:01 ナミビア

束の間の舗装路PageTop深い砂に苦しむ

Comment

ときに予想外に変化する路面の高低や舗装状況が、人生の展開そのもののようですね。先を行く自転車の車輪の跡に勇気づけられるというくだりが孤独の激しさを物語っていて、心を打たれました。

一人なことに対して辛いと思ったことはないんですが、やっぱり「この人も頑張ったんやし、僕も」と思うことで頑張れる部分はあります。
道の情報はいくらでも調べることはできますが、やはり知らない方が先の展開がわからない分楽しかったりしますね。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート