嗚呼スーパー

2016年7月30日
ナミビア21

DSC02380_201608010317304b8.jpg
予定ではもっとゆっくりするつもりだったアイアイスですが、朝一で出発してしまう。
首都ウィントフック以降、ずっと未舗装路を走ってきましたが、今僕が求めているのは大自然でも雄大な景色でもない。僕が欲しているのは、近代的な大型スーパーであり、インターネットであり、休養なのです。過酷な道を走り続けて、体力的にも精神的にもバテてきた。

DSC02381_20160801031732440.jpg
アイアイスに来るとき路面の悪い未舗装路をひたすら下ってきたんですが、ここは華麗にヒッチハイクをして戻ります。

DSC02385_20160801032618b70.jpg
10kmだけ送ってもらい、T字路。
ここを曲がって南下します。

DSC02386_20160801032618372.jpg
今日の目的地、アウセンケールにはチェーン店の大きなスーパーがある。
まともなスーパーなんてウィントフック以来。
楽しみすぎる。
1秒でも早くスーパーにたどり着くために、必死でペダルを漕ぐ。

DSC02387_20160801032619ea0.jpg
なんだか印象的な山でした。
生で見るともっと存在感があってすごかったんですけど、まあ写真なので仕方ないですね。

DSC02391_20160801032620770.jpg
ケープタウンから北上中のバイカー。
この先の道について一応聞いてみると、路面はそんなに悪くはなく、アップダウンも大したことないと。バイカーにとっての「大したことない」はアテにならないことが多いんですが、確かにそこまで大変な坂道はなかった。路面は多少砂の深いところがある程度。

DSC02394_2016080103262036f.jpg
T字路。
アウセンケール方面へ。
この道、ナミビア全土の紙の地図には載っていなかったので、本当に通れるのか心配だったけれど、ちゃんと通れる道で良かった。
無かったらスーパーに行けないところだった。

DSC02397_201608010326487ea.jpg
正直、頭の中はスーパーで何を買うかってことだけで、もう景色を楽しむ気分ではないんですが、このアイアイス~アウセンケールの道はナミビアで走った未舗装路エリアの中でも特に景色が良い気がする。

DSC02404_20160801032649abe.jpg
そしてアウセンケール!
スーパーの看板。

DSC02405_20160801032650884.jpg
ていうか隣がスラム街なんですが、すごいところにスーパーあるな。

DSC02406.jpg
「SPAR」はこれまでの国でもよく見かけたチェーン店のスーパー。

DSC02407_20160801032813faf.jpg
そしてスーパー!
潰れてるーー!
膝から崩れ落ちる。

DSC02413.jpg
いやそら周りにスラム街しかないところにスーパーなんて作っても潰れるだろう。
この先、この規模のスーパーは南アフリカに入って100km以上はないはず……。
期待していたスーパーが無く、僕の周りにはスラム街が広がるのみ。
この状況が余計に気分を落ち込ませる。

DSC02410.jpg
しかも、まるで神の怒りのような風が吹き荒れ、砂煙を巻き上げているし……。

DSC02415.jpg
ここで補給できないのは痛すぎる。
次の補給地点までは数十km離れているので、今日の到着は無理。
一応まだ食料はあるけれど炭水化物のみ。

DSC02417_20160801032816049.jpg
とりあえず意気消沈の中出発すると、舗装路が出現。
国境までずっと未舗装だと思っていた。
少しやる気が出る。
もしここで舗装路が出てくれていなかったら99.9%ヒッチハイクしていたと思う。

DSC02418.jpg
夕方まで走って道の脇でキャンプ。
舗装路と追い風のおかげでだいぶ距離を稼げた。
これで翌朝、小一時間でガソリンスタンド併設のコンビニにたどり着けるはず。

関連記事

2016年08月 12日05:24 ナミビア

気分的にはアフリカラストランPageTop世界で2番目の渓谷フィッシュリバーキャニオンへ2

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート