アフリカ走行まとめ

○期間
2015年11月2日~2016年8月9日(282日間)
※2016年1月25日~5月5日まで(102日間)は一時帰国していたので、実質180日間。


○走行距離
だいたい11100kmくらい。


○通った国
アフリカルート
エジプト・スーダン・エチオピア・ケニア・タンザニア・ザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ
(計9か国)


○ビザ
確かボツワナ、ナミビア、南アフリカはビザがいらない。あとの国は必要。
スーダン以外は入国の際に国境でその場で取れた。
スーダン入国の際は手前のエジプトでビザを取得したんですが、スーダンのビザだけは、ビザが取得できる町が限定されていて、日数も掛かる。この辺は変わったりすることがあるので、行かれる方は新しい情報を調べてください。


○治安
DSC01234_20160814190454800.jpg
首都など大きな町は治安が悪く、田舎は比較的安全っていうのは中南米とかと変わらず。
僕の通った国で危ないって言われていたのはケニア、タンザニア、南アフリカの首都。
逆に安全だったのはイスラム圏のエジプト、スーダン。特にスーダンはこれまで回った国の中でもトップレベルの治安の良さ。首都で女性が全く気にせず、夜一人で出歩けるくらい。
そのほかの国も大きな町に気を付けてさえいればそこまで治安は問題ないと思う。
ただアフリカの場合、安全と言われている地域でも、突発的なテロ、紛争などが常に起こりうる可能性があるので、そういう意味では絶対安全とは言い切れない。


○物価
アフリカ物価
大まかにエジプト・スーダン・ケニア・タンザニアは安い。
高いのはザンビア・ボツワナ・ナミビア・南アフリカ。ただ高いのは基本的に宿代のみ。スーパーに売っているものなどはそれほど高くはない。
物価の高い南部に下がるにつれ国も先進的になっていくんですが、ザンビアに関しては途上国なのに物価(宿代)だけ高い。


○食事
DSC01034_20151214025052b42_201608141924282cb.jpg
途上国が多いので、肉を焼いただけ、揚げただけみたいなシンプルなものが多い。
特殊な食べ物はエチオピアのインジェラと、ケニア・タンザニア・ザンビアのトウモロコシの練り物くらい。


○野宿
DSC01000_20160814190452015.jpg
意外と難しい。
アフリカでは意外と無人区間が少なく、幹線道路上は人の生活エリアになっている場合が多い。人に見つからないようにテントを張るのが難しいので、そういう民家が途切れないような地域では、逆に人の家にお願いしてテントを張らしてもらうことが多かった。
一方で、砂漠ばっかりで人口密度の低いスーダン・ナミビアは簡単に野宿をする場所が見つかる。ボツワナも人口密度は低いんですが、野生の動物が多いので難しい。

関連記事

2016年08月 25日05:25 情報と雑談

北欧上陸!PageTopアフリカ脱出

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート