短い休暇を終え

2016年8月29日
北欧9
ロヴァニエミ郊外の村。

DSC02962.jpg
今日で短期のホームステイは終わり、また再出発するところなんですが、午前中、少しだけ村の小学校に訪問した。本当は授業を見学させてもらいたかったのですが、今日はたまたま校外学習(?)のようなものがあるらしく、残念ながら通常授業はないらしい。

DSC02964.jpg
机の上に物を置きながら、机の中身を取り出せない仕組み。

DSC02966.jpg
朝、校外学習への出発まで少し時間があったので、その時間をお借りし、僕の旅についてお話させてもらった。ホストの日本人の方に通訳をしてもらえたので、僕は日本語で説明。ケニアで荷物が流されて一時帰国したっていう鉄板ネタを挟みつつ、これまでの行程を説明し、その後は質問タイム。

DSC02968_201608300235451ea.jpg
学校訪問後は家に戻ってお昼ご飯を頂いてから出発。
白身魚のグリルとキノコのクリームソース。
乳製品が安いフィンランドではこのクリームのソースは定番らしい。
生クリームってなんでこんなに美味しいんでしょう。

DSC02970.jpg
乾燥キノコをはじめ、いろいろとお土産を頂いて、お昼過ぎに出発。
充実の2泊3日でした。
ご家族は賑やかで楽しく、来てよかった。
フィンランドのことについてたくさん教えてもらって、フィンランドのことがもっと好きになりました。
知らない外国を走っていると、小さな疑問や気になることが無数に生まれてくるものなのですが、それらを聞きまくって、一気に疑問が解決してすっきり。日本語でその国の事を聞ける機会ってすごく貴重なんですよね。
肉体的にも精神的にもすごくリフレッシュできました。
またノールカップまで頑張って走れそうな気がする。

DSC02974_20160830023603c17.jpg
トナカイがいた。凄い角。
これは野生ではなく、一応飼われているらしい。
柵の無いところで家畜を飼うっていうのはアフリカなどでもよく見られた方法。
トナカイの肉は食べられるので、食用や、角を加工した工芸品などのために、この辺りではトナカイがよく飼われているらしい。またトナカイ肉も食べてみたいな。

DSC02977.jpg
またトナカイ。
今日はとりあえず元の道を戻り、ロヴァニエミの町まで戻ります。
この先は大きな町も無くなるので、最後に買い物とか準備をするため。

DSC02978.jpg
ロヴァニエミの町に到着。
いるものをパパッと買った後、出発。

DSC02979.jpg
8kmくらい走って数日前に来たサンタクロース村。
サンタクロース村には北極線が通っている。
ここより北は北極圏。
アラスカでは挑戦したものの、越えることができなかった北極線に、3年越しの到達。
ちなみに北極線とは、夏至に24時間、日が沈まなくなる境界線のことらしい。

DSC02981_20160831163229eac.jpg
今日はサンタクロース村の向かいのガソリンスタンドで野宿させてもらう。
北欧でお金を払って宿泊するのは、今回のホームステイが最初で最後な気がする。

DSC03019.jpg
晩御飯は頂いた乾燥松茸で松茸ご飯。
めちゃくちゃうまい。
やっぱり松茸は香りはが良いですね。

DSC03017_20160831163618d53.jpg
そういえばフィンランドでよく食べているこのお米。
この「RISELLA」って、フィンランド語で「リゾット(用)」と書かれているんだと思っていたんですが、ただのメーカー名とのこと。パッケージに描かれているリゾットっぽい料理はミルク粥らしい。

関連記事

2016年09月 08日05:35 北欧

北極圏へPageTopここにきて少しホームステイを挟む

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート