北部最後の町

2016年9月4日
北欧ル15
オルダーフィヨルドから10km地点。

DSC03174_201609050509414af.jpg
朝から雨の予報だったんですが、天気は曇り。
これはうれしい。
しかも南からの追い風だし。

DSC03182_201609050509443b1.jpg
崖沿いの道を行く。

DSC03178_201609051345523fb.jpg
日常生活に支障をきたすレベルで立派な角。

DSC03186_2016090505094884c.jpg
北欧初トンネル。
3km弱と結構長い。
オルダーフィヨルドからノールカップまではトンネルが多いらしい。

DSC03189.jpg
ノールカップまで100kmを切る。

DSC03192.jpg
こんな北の果てでも家をちょくちょく見るんですが、たぶん多くは別荘な気がする。
煙突掃除のためなのか、屋根には必ずはしごが付いている。

DSC03197_20160905051025ec0.jpg
世界の果て感が出てきたなあ。
木々がなくなってきた。

DSC03198_20160905051705f08.jpg
これまでの旅でも最大レベルの強風が吹いている。
追い風になってくれることが多いんですが、複雑な地形に沿って道が作られているので、邪魔になることも多い。

DSC03199_20160905051028217.jpg
ここでオルダーフィヨルド~ノールカップ間での最大の難関、うわさの海底トンネル。
このトンネル、全長7kmなのはまだギリギリ許せるとして、おかしいのがトンネル内の傾斜がなんと9%ってこと。9%って結構な坂ですよ。
海面下212mまで潜って、また海抜0mまで戻ってくるめちゃくちゃなトンネル。
なぜ7kmの橋を掛けなかったのか。

DSC03200_2016090505104494b.jpg
行くの嫌やな~と渋りつつ休憩。

DSC03201_20160905051044daa.jpg
薄暗いトンネルの中を時速50kmでひたすら下る。怖い。
決して中二病ではない僕でも、ひょっとしたらこのトンネル、異世界かどっかに続いているんじゃないかと思ってしまう。

DSC03204_2016090505104651b.jpg
折り返しの上りを汗だくになって上り、やっと出口。
めっちゃしんどかった。

DSC03207_20160905051049950.jpg
長いトンネルを潜ると、異世界ではなく、マーゲロイ島という島。

DSC03205_20160905051048aa4.jpg
ノールカップまで行ってきて南下中のフランス人サイクリスト。
夏はサイクリストだらけになるらしいんですが、もう時季外れということで、サイクリストはあまり見かけない。

DSC03209_2016090505110829c.jpg
少し進んで、ホニングスヴォーグという町。
ノールカップ手前の最後の補給地点。
オルダーフィヨルドと言い、カッコいい名前の町が続く。
そしてここのスーパーが日曜日のため閉まっているという悲劇。
まともなスーパーの少ない最果ての地でこれは痛い。

DSC03210_2016090505110914f.jpg
隣のガソリンスタンドで休憩。
クッキーとコーヒーで51クローナ(約620円)。
ほんま油断してたらあっという間にお金なくなりそう。

DSC03213_20160905051113edd.jpg
ここで色々とご縁があり、レンタカーで旅行中の日本人旅行者と会う。
午後からずっと雨だったんですが、滞在されているホテルで雨宿りついでにシャワーを貸してもらう。北欧に来て20日ほど経つんですが、シャワーは3回目。週1ペースだと考えたら、まあこんなものかもしれない。

DSC03219.jpg
そして夕方。
町のあらゆるところで野宿可能ってくらいのどかなんですが、テントで寝ながらwifiの電波をキャッチできるという理由でインフォメーションセンターの隅っこで野宿。

関連記事

2016年09月 14日05:30 北欧

ヨーロッパ最北の地PageTop改めてノルウェーのスーパーで物価調査

Comment

ホニングスボーグで!

ホニングスボーグでお会いした谷口です!
お元気に旅、続けておられる様ですね!
一緒に写真の一つも撮らせて貰えば…と。
後の祭りですね!残りの旅も無理をせず!
頑張って下さい!

先日はどうもありがとうございました!
現在はロフォーテン諸島に入る手前辺りまで来ました。
相変わらず天気とアップダウンに苦しめられていますが、オー目指して頑張ります!

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート