大きな峠を越えて

2016年9月10日
北欧20

DSC03379_20160911225552277.jpg
出発。

DSC03382_20160911231304573.jpg
同じような景色が続くんですが、その景色が良いんですよね。

DSC03385.jpg
海岸沿いに道が続いているんですが、この先、内陸(左)に入りながら標高を上げているのが見える。

DSC03390_20160911225556e39.jpg
かなり長い坂を上り続けて、頂上辺りの展望スポット。
このフィヨルド沿いの道って、来る前はもっと傾斜が激しいのかと思っていたんですが、そこまでな気がする。

DSC03393_20160911225555c7b.jpg
まあめちゃくちゃしんどかったんですが、それでも、もっとしんどいと思っていた。

DSC03395_201609112313087ce.jpg
下ってきてまた海沿い。
基本的には海沿いを走るんですが、たまに小さな半島を横断するように内陸に入る。

DSC03396_2016091122561497c.jpg
海沿いは小さなアップダウンが続き、内陸では大きめの峠を越えるっていう感じ。

DSC03401_201609112313100a5.jpg
湖のようで海。
その後、お昼前に「ストレスレット」っていう比較的大きめの町に到着。
明日からまた天気が崩れるそうなので、この町ではなんとかシャワーを浴びて、服を洗濯したい。

DSC03404.jpg
地図に載っていたキャンプ場でシャワーを借りようと思ったんですが、キャンプ場が無い。
近くの美容室で尋ねると、「この近くにキャンプ場はないよ」と。
「シャワーを浴びたいのなら30分だけ待ってて」と言われたので、美容室の中で待たせてもらう。30分後、店員さんがお客さんの髪を切り終えたところで、「じゃあシャワーしてあげる」と美容室の椅子に招かれる。
「いや、僕の浴びたいシャワーは、頭だけじゃなく全身浴びられるやつなんですが……」
という微笑ましい勘違いエピソードがあった。

DSC03407_20160911225642287.jpg
その後、建設中のホテルのシャワーを無事借りることができた。ついでに服も洗って、今日の最大の用事終了。

DSC03411_201609112256387e3.jpg
服を乾かしながらカフェでくつろぎ、午後は過ぎていく。
夕方、野宿場所を求めて町の外へ。
ここで5,6日前、ノールカップに行く途中にすれ違ったフランス人サイクリストと再会。
僕はノールカップに2泊もしていたのに、なんで彼はまだこんなところにいるんだ。

DSC03412_20160911225641399.jpg
町を出ると上りが始まるんですが、しゃべりながらゆっくり走っていたので、そんなに大変ではなかった。

DSC03415.jpg
頂上のレストエリアで僕は野宿。

DSC03414_20160911231330a46.jpg
フランス人の彼は先を急ぐらしいので見送る。

関連記事

2016年09月 20日05:28 北欧

途上国の田舎PageTop北欧のベストシーズン

Comment

初めてコメントします。
約20年前にイバロ~ノールカップ(まだフェリーで渡った時代です)~トロムソと走りましたが、同じルートを走らているので、懐かしかったです。特に展望ポイントの写真、まったく同じ構図でビデオをとったのが懐かしいです。自分が上った時には、雨風が強く一番つらい峠越えでした。
世界一周お体に気をつけて楽しんでください。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート