ハーメルンへ

2016年10月11日
ドイツ6
ドイツ、メルヘン街道を自転車で南下中。

DSC04262_20161012195443a14.jpg
今日は朝から雨。

DSC04267_20161012195451a23.jpg
途中、推定100mくらいの上りがあった。
ずっと平坦が続いていたので、このくらいの上りはむしろ気分転換。

DSC04272.jpg
昨日から走っているメルヘン街道からは多分外れているんですが、看板ってあったのかな。
正確なメルヘン街道のルートがわからないので、何となくで走ってます。

DSC04280_201610121955113ab.jpg
自転車道の看板があったので、ここを走ることにする。

DSC04281_20161012195523e3b.jpg
セルフサービスの無人カフェ。
治安の良さを物語ってますね。

DSC04284.jpg
昼ごろから雨が上がる。

DSC04285_20161012195525b04.jpg
ハーメルンっていう町に到着。
なかなか大きな町。

DSC04286_201610121955285c7.jpg
ここは、グリム童話の『ハーメルンの笛吹男』っていう、聞いたことあるような無いような感じの物語の舞台となっている町。

DSC04287_20161012195623611.jpg
インフォメーションセンターの前で自転車の不備を直していたら笛吹男が出てきた。

DSC04289_201610121956251c1.jpg
やたらと人が多いなと思っていたら、みんなこれを待っていたのか。

DSC04290_2016101219562934c.jpg

DSC04293_20161012195630b28.jpg
やはり物語当時の、中世くらいの時代を意識した町づくりがされている。

DSC04294.jpg
と思ったら中心地のど真ん中に大きなショッピングモールがあるギャップが面白い。

DSC04296_20161012195656a95.jpg
旧市街と呼ばれるエリアなんですが、なんだかディズニーランドを思い起こさせる街並みだと思いました。ちょっとワザとらしいって言うんでしょうか。

DSC04299_2016101219565773f.jpg
こういう本当に古い感じの建物(教会?)もあったりするんですが、中心地の街並みはちょっと作り物感が強かったです。

DSC04298_2016101219570069a.jpg
古いものを修復しながら保存しているのではなく、古く見える建物をイチから作ってる感じ。
僕がそう感じただけで、実際どうなのかは知らないですけどね。

DSC04301_201610121957019e0.jpg
いつも通り、夕方に町を抜けて、郊外でキャンプ。

関連記事

2016年10月 20日05:34 ドイツ

走っていて思うドイツと日本の違いPageTop『メルヘン街道』南下開始

Comment

街並みが作り物のように古いのは第二次大戦で破壊されたからだと思います。ドレスデンの教会なんかがそれで有名ですね。あと鍵垢ですがtwitterフォローさせて頂きました。

意外と新しいんですね。勉強になります。
フォローありがとうございます。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート