『赤ずきんちゃん』の町アルスフェルドへ

2016年10月14日
ドイツ8

DSC04425.jpg
ゆうべは雨対策で橋の下でテントを張っていたけれど、雨は降らず。

DSC04426_20161015175119999.jpg
久しぶりに晴れ間が見える。

DSC04430_20161015175432910.jpg
ドイツ北部はずっと平坦だったんですが、南部は山が多くなってくる。
今日から川沿いを離れているので、余計にアップダウンが多い。

DSC04432_20161015175433690.jpg
一面広がる農地の中に、時折、茶色い屋根が固まっていて、その屋根の塊の中に尖った教会の屋根が見える。まさに僕が走ってみたかった、ヨーロッパの田舎って感じの風景。

DSC04435_20161015175435334.jpg
今日は晴れているからか、余計に走っていて気持ちがいい。

DSC04437.jpg
20kmくらい走ってフリッツラーという町。

DSC04440.jpg
ここも昨日通ったハン・ミュンデンと同じく、木組みの家並みで有名な町。

DSC04441.jpg
ここから白雪姫のルーツとなった町に行こうと思っていたんですが、白雪姫の里は、その思っていた町からさらに山の中に入っていかないといけないことが下調べ中に判明したので、やっぱり止めておく。

DSC04458.jpg
キャベツ畑を横目に走り、

DSC04460.jpg
森を抜けた先に、

DSC04470_201610151755194d6.jpg
アルスフェルドの町。

DSC04473_20161015175541376.jpg
ここも木組みの町として有名なんですが、こう続くと最初に感じていた新鮮味や感動はなくなってくる。

DSC04478.jpg
左側の大きな建物は築500年の市庁舎らしい。

DSC04475.jpg
ドイツではこういう中心地の広場をマルクト広場というらしい。

DSC04471_20161015175520a88.jpg
こういう小さい木の板がうろこ状に並べられた壁って、南米のチリのとある地方でもよく見かけたんですが、同じルーツなのかな。

DSC04483_20161015175607b30.jpg
あとこのアルスフェルドの町は、赤ずきんちゃんの生まれた町で、赤ずきんちゃんの服もこの辺りの地域の民族衣装がモデルになっているみたい。
ただ、普段着で民族衣装を着ている人なんてもちろんいないし、町を周っていても特に赤ずきんちゃんは感じない。

DSC04484 (2)
噴水の上にあまり可愛くない赤ずきんちゃんの像が建っているくらい。
一応、年に一回赤ずきんちゃんのお祭りがあるみたいなんですが、もうちょっと赤ずきんちゃんを押してもいいのにと思いました。
でもそこまで観光地色が強くなく、小ぢんまりして落ち着いた雰囲気がこの町の魅力なのかもしれないですけど。

DSC04481_2016101518170672e.jpg
そういえばドイツに入って10日くらい経っていますが、まだちゃんとソーセージを食べていないことを肉屋の前を通って気が付いた。

DSC04488_2016101617090889c.jpg
生っぽいソーセージだったので、トマト煮にして食べる。
確か1kg=0.65ユーロで、これ1本で1.25ユーロ(約140円)。
やっぱりソーセージの本場だけあって安い。そしてうまい。
また買お。

関連記事

2016年10月 23日05:41 ドイツ

幸せのシャワーPageTop「ハン・ミュンデン」、「カッセル」続く観光地

Comment

200gぐらいでしょうか、大きいですね。白ソーセージのように見えますが。南ドイツに行くと本場なので、是非お湯で茹でて甘いマスタードを付けて食べてみて下さい。付け合わせはプレッツェルと白ビールです。

なるほど。マスタードで食べたら美味しそうですね。
実はもうドイツ出国直前で、そして今日は日曜日なんで難しいかもしれないですが、食べれそうだったら最後にソーセージ食べていきますね。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート