ドイツ人の気質

2016年10月23日
ドイツ17

DSC04758_2016102415390413d.jpg
ケルンで泊めてくれたアミン。
「自分の家と思ってくつろいでね」と招き入れてくれて、すごく気を遣ってくれる、とてもいい青年でした。イラン人って聞いた時点で、たぶんいい人なんだろうなと思っていた。イスラム圏の人はみんないい人だと思っているので。

DSC04761_20161024153908888.jpg
人が少ない朝にケルン大聖堂の中をチラ見していこうと、ケルン郊外から中心地まで戻る。
デカくて立派なことで有名なケルン大聖堂ですが、デカいものすごさって写真ではなかなか伝わりにくい気がする。他の大聖堂と同じく無料で中には入れるのでちょっと見ていく。

DSC04762_20161024153907ef6.jpg
RPGゲームのテイルズシリーズに、こんな雰囲気の教会とか出てきた気がするなと思った。
日曜日の朝だからか、ミサっぽいことをしている。

DSC04764_201610241539090ff.jpg
やっぱり中も立派で、厳格な雰囲気が普通の大聖堂の5割増しくらいに感じられる。
通常拝観の時だともっと中まで入れたんだろうか。
外に自転車を停めっぱなしなので5分くらいで退出。

DSC04765_20161024153910696.jpg
ケルンからは、ライン川を外れて西に向かい、国境のアーへンの町まで向かうんですが、また恐ろしく道がややこしそうで憂鬱。地図を見ていても、どの道を通ればいいのかさっぱり。
とりあえず適当に西へ進む。

DSC04766_20161024153930f5f.jpg
そういえば、もうドイツ出国間近ということで、書こうと思ってたドイツ人の気質みたいなものについて書き記しておきます。あくまでも僕が自転車旅を通して感じたことなので偏りはあるかと思いますが。

DSC04767_201610241539325df.jpg
ドイツ人は日本人は似ているとよく言われているけれど、僕が感じる最大の共通点は、なんと言っても買い物をしたときにお釣りを正確にくれること。

DSC04769_20161024153932cd7.jpg
日本を出ると、日本での“当たり前”は、実は海外では“当たり前”ではなかったんだと気が付くことがよくあるんですが、例えば99円の品物に対して100円を払ったとき、1円のお釣りをくれないことが世界的に見れば“当たり前”なのです。
これまでに2、30か国くらいは世界の国々を周っていると思いますが、お釣りを正確にくれる国って、僕の記憶ではドイツだけだった気がする。

DSC04771_201610241539343d9.jpg
だから最初、ドイツでもくれないものと思って、普通にレジを通り過ぎようとしたところに1セントを返してもらったときは、「えっ、これもらってもいいの?」って思ったものでした。

DSC04772.jpg
そういう所は日本人と同じく、細かくきっちりしているんだと思う。

DSC04773_201610241541355cf.jpg
そんな生真面目なドイツ人は、ルールの厳守も徹底していて、これまで周った国々で、信号無視をする人が断トツで少ない。

DSC04775_20161024154137ab7.jpg
カフェでコーヒーブレイク
ていうか今日めっちゃ寒いんですけど。
外で休憩していられない。

DSC04779_2016102415414026f.jpg
あとヨーロッパでは車道と自転車道が分かれているところが多いんですが、自転車道がガタガタなときとかは、車道を走ることも多い。

DSC04782.jpg
たまに自分でも、「これ邪魔やろうな~」と思いながら走ってる時があるんですが、北欧を走っていた時は、50日くらいいて1度もクラクションを鳴らされなかった。

DSC04783_20161024154201390.jpg
それがドイツに入った初日に2回クラクションを鳴らされたし、口でも「ここは車道だ!」と文句言われましたからね。
ルールに対する厳しさは、他人に対しても同じらしい。

DSC04788_20161025170543b0a.jpg
そうこう言ってる間にドイツの最後の町、アーヘン。
序盤、けっこう道に迷ったのでたどり着くのは無理かと思ったんですが、後半の巻き返しにより、無事到着。
明日、ドイツを抜けます。

関連記事

2016年11月 01日05:19 ドイツ

結局ドイツが好きなのか嫌いなのかPageTopケルンへ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート