ヨーロッパの中で日本人と似ているのは?

2016年10月25日
ドイツ19

DSC04821_201610261653293a4.jpg
霧が掛かっているんですが、ギリギリ雨は降っていない。

DSC04822_20161026165330cd7.jpg
少し進んだ町でこの先のルートを調べます。
この先はとりあえずフランスの首都パリを目指す。
パリには4,5日で到着予定。

DSC04824.jpg
そういえば、前々回の投稿でドイツ人の気質なんかについて書きましたが、似た話。

DSC04828.jpg
その時、ドイツ人と日本人の共通点にも触れたんですが、僕の中では、ドイツ人のズバッと文句を言う姿勢が印象的で(主に「ちゃんと自転車道を走れ!」と」)、そこまで日本人に似ているとは感じなかった。

DSC04829.jpg
では一番日本人に近いのはどの国の人なのか。
まだヨーロッパでは、まともに過ごしたのは北欧4か国+ドイツくらいなんですが、僕が自転車で走り回って見た限り、一番日本人に近いと思ったのはフィンランド人でした(ノルウェーとかも比較的近い傾向にはあるかもしれない)。

DSC04831_201610261653526ca.jpg
まず日本人的だと感じたのは他人同士の垣根の高さ。
諸外国では全体的にフレンドリーな人が多いので、ふと目が合ったときに知らない人とでも、ちょっと微笑み合ったりするんですが、そのノリでフィンランドでも軽く会釈っぽく挨拶して見せたら、ちょっとビックリされてぎこちなく返されたってことがあった。
特に人がフレンドリーなアフリカから来たこともあって、余計に衝撃的でした。

DSC04833_20161026165408083.jpg
後に聞いた話では、フィンランド(北欧)人はシャイな人が多く、人と人との壁が高いらしい。諸外国みたいにレストランで席が隣になったからといって、知らない人同士で仲良くなったりしないし、むしろ一緒に食べている知り合いともあまり喋らない。

DSC04837_201610261654104c9.jpg
フィンランドでは「食べるときにあまりぺちゃくちゃ喋らない」という文化があるそうです。日本ではそういう光景はあまり見られませんが、そういう慎ましやかな態度は日本人的だと感じました。
レストランでチラホラお客さんが入っているのに、誰も喋らずシーンとしている光景は非常に好感が持てた。

DSC04832.jpg
自転車スタンド付きベンチ。

DSC04841_20161026165412683.jpg
そして夕方、シャルルロアという町に到着。
今日は割と自転車道に沿って進んでいたので、迷うことはほとんどなかった。

DSC04842.jpg
ベルギー最初の大きな町なんですが、最後の大きな町でもある。
明日にはフランス。

2016年11月 03日05:47 ベルギー

フランス入国PageTop結局ドイツが好きなのか嫌いなのか

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート