オリーブとともに過ぎ行く

2016年11月15日
モロッコ3

DSC05507_201611161945509c3.jpg
洗濯物の乾くのを待って10時半出発。
乾燥しているのに、夜干した洗濯物が朝、全然乾いていないのがモロッコ最大の謎。

DSC05509.jpg
次の休憩ポイントは200km先のメクネスって町。
ちょうど2日の距離だけれど、2日でメクネスの近くまで行き、3日目の朝の到着を目指す作戦で行く。

DSC05513_201611161945474ee.jpg
シャウエンの街並み。
特に長居したいとは思わないけれど、テーマパーク的な意味で楽しい町でした。

DSC05514_20161116194555338.jpg
この辺りが旧市街エリア。昨日も書きましたが、シャウエンの旧市街は建物の1階部分がすべて青く塗られている。2階部分は塗っても塗らなくてもいいみたい。2階もちゃんと塗ったら町の外から見た景色も青一色で良くなるのにもったいない。

DSC05515_20161116194554088.jpg
ちょこちょこ上りを挟みながら下っていく。

DSC05516_201611161946360d4.jpg
謎の黒い影に車が襲われているようにしか見えないんですが、一体何の注意なんだ。

DSC05517_20161116194644fc1.jpg
オリーブオイル工場があった。
シャウエンあたりからずっとオリーブ畑が続いていて、オリーブオイル工場も多い。

DSC05518_201611161946422c5.jpg
ほんとに絞っただけのオリーブオイルってこんな色なんですね。透明感ゼロ。
買っていきたかったけれど、昨日オリーブオイルを500ml買ったところなので断念。
手持ちのパンに付けて味見させてもらったけれど、オリーブ絞っただけ感が強かった気がした。

DSC05523_2016111619473153e.jpg
この辺の山肌に生えている気も全部オリーブの木だと思う。
たぶんですけど。

DSC05520_2016111619465639b.jpg
南米のアンデスを思い出すような山岳地帯。

DSC05521_20161116194647376.jpg
ずっとこんな感じが続いてくれれば、今日の野宿地を見つけるのも簡単なんですけど。

DSC05525_201611161947428c8.jpg
大きめの町。
特に用事もないので素通り。
赤に五芒星っていうモロッコの国旗がちょっと怖い。

DSC05529_20161116194738c4c.jpg
メクネスまで132km
ヨーロッパを出てとにかく道が簡単になった。
走っている途中にスマホで地図を確認することもほとんどなくなったし。

DSC05534_201611161947366b2.jpg
夕方、オリーブオイル工場で水を汲ませてもらった際に、食事を振る舞ってもらえた。
確か、「ベイサラ」か「バイサラ」か、そんな感じの名前のスープ。
オリーブの実から作られているとか言ってた気がする。それにさらにオリーブオイルを回し掛けている。なんとなく豆乳っぽい感じで、とりあえず体に良さそうな味でした。
ここの人は英語がほとんど話せないんですが、ちゃんと意思疎通が図れないにも関わらず、こうしてもてなしてくれるのがうれしい。

DSC05537_20161118183942452.jpg
もう少し走って適当にキャンプ。

関連記事

2016年11月 25日05:44 モロッコ

山岳から砂漠へPageTopシャウエンぶらり歩き

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート