世界一パッとしない首都ラバト

2016年11月21日
モロッコ6

DSC05647.jpg
今日はラバトに滞在。
メディナ(旧市街)をうろちょろします。

DSC05654_20161122004027887.jpg
なぜかラバトのメディナ(旧市街)は、他の町と違って道が碁盤の目状で、迷路になっていない。

DSC05655_20161122004100f15.jpg
牛の足と頭が売っているんですけど、顔はともかく足って食べるところあるの?

DSC05653_201611220040426ee.jpg
中央市場。

DSC05651.jpg
肉から野菜まで揃っているんですが、意外と小さな市場。

DSC05652.jpg
ちゃんとした八百屋ってここ1軒だけだったし。

DSC05650_201611220040328a6.jpg
ただ鮮魚コーナーは割と充実している。
鯛、カツオ、サーモンなど、割となじみの深い魚も多い。

DSC05649_20161122004003209.jpg
刺身で食べたい……。

DSC05658_20161122004106357.jpg
午後、モロッコで初めて雨に降られる。
これまでは運が良かっただけで、実は今は雨期らしい。

DSC05668_2016112302023883d.jpg
それにしてもラバトはパッとしない。
まず、『地球の歩き方』でも、真ん中ぐらいまで読み進めないとラバトのページが出てこないところなんかが最高にパッとしない。普通、首都は一番最初なのに、真ん中て。
実際、全く観光地化もされていないし、ただの大きな町。
しかも首都なのにモロッコ最大の都市ではないところもパッとしない。
基本的に旅行者でラバトに来る人は、モロッコの南のモーリタニアのビザを取得するため。
それ以外の理由でラバトに来る人はいない。

夕方、偶然泊まっているホテルで日本人旅行者の方と鉢合わせる。
モロッコで日本人旅行者と会うのは、建物が青かったシャウエンって町に続いて2度目。
せっかくなので一緒に晩御飯を食べてきた。

DSC05659_20161123020214f68.jpg
恐竜と見せかけて牛の顔。
蒸されたものっぽい。
確かに牛ほほ肉とかあるけれど、骨付き牛ほほ肉はなかなかインパクトがあるな。

DSC05660.jpg
ちょっと臭みがあるんですが、柔らかくてそれなりにおいしい。
サンドイッチ2個で20ディルハム(約220円)。
しょっちゅう会う必要はないんですが、やっぱりたまに旅行者の人と会ってお互いの話をしたり情報交換するのは楽しい。

関連記事

2016年12月 01日05:15 モロッコ

モロッコで食べたものの一部PageTop大西洋まで出て首都ラバト

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート